ネットでビジネスローンについて調べていると・・・

ネットでビジネスローンについて調べているとこんな質問を見かけます。
それは「審査が甘い」という内容のウワサです。
結論から言うと、甘いわけがありません。
審査の厳しさは基本的には金利を見ると厳しさがわかりやすいです。
金利が低ければ厳しい、金利が高くなるほど審査が甘いと言われています。
一般的に資金調達と聞いてイメージする銀行融資の合、事業計画書を提出する必要があり、そこに書いてある内容を1から2ヶ月かけて書いてあることを精査します。
他にも審査期間が銀行融資は1から2ヶ月ほどかかるのに対しこのように少し調べただけでも厳しそうな感じを持ってしまいますね。
設備投資をしたいけど予算がない、集金ズレが発生してしまった、そんなときに利用できるのがビジネスローンです。
ビジネスローンには色々なメリットがあります。
例えば、銀行期間の融資時に必要な担保や保証人が原則不要なことや銀行での融資と比べると審査時間が短いことなどです。
また、ビジネスローンエール500のように多くの事業者向けローン会社では新規開業資金の融資の話の場合でも事業計画所提出で審査条件を適用してくれるので実績がないことを理由に銀行融資でいい返事をもらえなかった際に相談してみるのもいいかもしれません。
新規開業時と同様に会社の業績が浅かったとしても対応しています。
日頃、TVを見ていると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーを見かけることが多いです。
こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良くて頭に残ってしまいますよね。
似たような言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。
ネットで検索しみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほぼ変わらないと捉えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる用途によって違いがあるようです。
キャッチコピーは宣伝目的に限定され、消費者の心を動かす言葉、キャッチフレーズは商品の説明など宣伝以外など含まれる場合に使われます。
企業経営をしている人の中にはビジネスローンの利用を資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。
その際はなるべく低金利で借り受けたいですよね。
その場合は低金利な公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。
例えば、足利銀行の場合では第1・第2創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なタイプのローンが用意されているので借主の状況によってローンを選択できます。
気になる金利も創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.8%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。
また、1000万までの借り入れ審査では原則保証人不要なようです。
ビジネスローンで資金繰りをしている方の中には今借り入れしているローンよりも低金利のローンを見つけたから借り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。
ただ、こういった乗り換え行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。
結論から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。
どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が基本的に自由なのでA社からの借入金をB社が貸してくれたお金で支払いしたところでA社からすると貸していた事業者から完済してもらっただけということになります。
金利軽減を考えると銀行融資や公的融資からの乗り換え時に有効と言えそうです。
同じように銀行期間などの融資からの借り換えや銀行融資などへの借り換えもできます。
よくテレビCMや街角で見かけるアコムですが基本的にCMでは消費者向けローンしか宣伝していません。
実は、ビジネスローンも行なっているのをご存知ですか?アコムのローンは一般的なノンバンク系のローンと違い対象を法人ではなく個人事業主にしています。
そのため、多くのローンでは最大で500万~1000万くらいが上限なのに対しアコムのローンは最高で300万までと上限が少し低く設定されています。
他にも大きな違いとしては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同様に利用できることです。
また、審査期間も大半のビジネスローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっています色々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は提出する書類を思い浮かべるのではないでしょうか。
でも手続きごとに必要書類が異なって準備するのが面倒なんですよね。
ここではビジネスローンを借りる際に必ず用意しなければいけない書類を調べてみました。
①運転免許証などの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。
ローン会社によっては決算書不要で確定申告書で大丈夫という会社もあるようです。
銀行融資の場合にはこれ以外に商業登記簿謄本などの書類が必要になります。
また、銀行融資を初めて行う場合は製品やサービスのわかる資料なども必要です。
経営者の方の中には、うまく事業が軌道に乗らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金集めを考えている方もいるのではないでしょうか。
そこで知りたいのが赤字決算でも審査に通るのかということです。
ローン審査の仕組み上、利益が出ている会社の場合ではその利益から毎月の返済がどのくらいできるか判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が0なのでので当然審査に通りにくくなります。
しかし、赤字決算でもローン審査に通る可能性があるケースもあります。
例えば、仕事で使う器械など減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを利用する場合です。