初めての冷凍食品

安くて美味しい、すぐに食べられて長期保存も可能と良いことづくしの冷凍食品。冷凍食品は今では当たり前になっていますよね。今では冷凍できないものはないほど、メニューのバリエーションも豊かになっていますが、世界で初めて冷凍食品になった食べ物以外なものだったのです。
世界で初めて冷凍された食品はなんとイチゴジャムだったのです。1900年代のアメリカにおいて、輸送に適した保存状態として開発されたのが、冷凍食品でした。その最初の食品はイチゴジャムだったのです。ジャムをわざわざ凍らせるなんて驚きですね。でも確かにジャムは腐ってしまいますよね。
しかし当時は家庭用の冷凍庫というものが普及していませんでした。あくまでも輸送用として冷凍技術が利用されていただけなのです。家庭用に冷凍庫が普及しだしたのは1920〜1930年代とされています。冷凍食品が広く使われだしたのは1950〜1960年代からでした。
ちなみに日本国内で初めての冷凍食品は、1930年に戸畑冷蔵が発売した冷凍イチゴです。奇しくもイチゴと言う点で共通してるんですね。イチゴはもともと観賞用として育てられたことをご存知でしょうか?昔は食べるために作られていたのではなかったのです。