独立後に早く持ちたいアイテム

屋号付きの銀行口座というのがあります。屋号というのは開業届を出した個人事業主が申請して持てるもので、ビジネス上のニックネームのようなものと考えたらいいでしょうか。
その屋号を口座の名義に入れてつくれるということで、次のようなメリットがあります。
・本名を出さなくてもネットに銀行口座が掲載できる
・ビジネス的になって相手に振り込んでもらいやすくなる
・個人の銀行口座とお金の収支を分けて管理しやすくなる
 
ただこの屋号付き銀行口座はどこの銀行でも取得できるものではないんですね。メガバンクでも一部は割と取りやすいですが、逆に一部は非常に取りにくい・・・なんてこともあるのでしっかり調べた上で行かないとムダな苦労をすることにも繋がりかねません。
 
そこで最近人気になっっているのが、Paypay銀行と今度名前を変えることでも話題になったジャパンネット銀行です。
ここは個人単位でも屋号付き銀行口座が取得しやすく、また口座を持つことで無料でデビットカードももらえます。デビットカードがクレジットカード感覚で使えるもので、即時引き落とされるので非常に便利なものです。
 
ビジネスを自分で初めて進めていくためには、お金の管理をしっかり考えながら進めていかないと非常に面倒くさいことになってしまいます。
わかりやすいところだと、年に一回の確定申告が非常に煩雑になってしまうのでなるべくなら早い段階で明確に個人のお金の流れと分離しておくことが秘訣です。
 
自分自身も会社を独立してもう5年がすぎました。法人化もできてまあなんとか細々と続けていけていますが、最初に屋号付き口座を持ったことは批評に大きなメリットがあったと感じている要素です。
ジャパンネットはこれから名前が変わるので微妙な部分もありますが、他の銀行に関する情報もこちらの銀行口座をまとめてくれてるサイトに詳しく書かれているので是非参考にしてみてください。