自分で過払い金を請求

可能ですが、いくつかデメリットがあります。まず、債権者から取引履歴を取り寄せて、過払い金を計算しなければなりません。次に、債権者に対する訴状を作って、必要な書類を裁判所に足を運んで提出するという負担もあります。インターネットで情報を集め、ソフトを活用するなど負担を軽減することはできますが、それでも書類作成の手間や時間がかかってしまいます。

自力でやるなら時間と根気が必要になるでしょう。また、債権者が請求に応じなかったり、請求する債権者の数が多いとかなりの負担がかかります。複数の債権者から回収したり、複雑な状況になっている場合は専門家に依頼した方が手続きがスムーズに進むこともあります。無料相談なども活用して、自分の状況に合った方法を選択してみてください。

過払い金で借金が0にならないケースだと、債務整理の記録が残ります。しかし既に返済を終えていて、過払い金請求だけの場合は登録されません。過去には過払い金請求だけでも信用情報に債務整理の記録が残り、訴訟になったケースもありました。その後金融庁が過払い金請求を借金があると見なさないようにと指導し、契約見直しというコードに変更され、2010年にはそれも削除されています。

現在借金があっても過払い金で相殺できる場合、ほとんど影響はありません。完済後か、過払い金で借金が相殺できるなら特に問題はないと考えてください。専門家に依頼する場合は、身分証明書と印鑑があれば原則として可能です。領収書などがなくても、債権者に取引履歴の公開を要請するので、どこで借りたのかを覚えていれば問題ありません。

住所が変わっていても、借りたときの住所を覚えていれば大丈夫です。自力で過払い金請求をする場合は書類が必要です。借り入れをした金融機関との契約書、利用明細や証明書、債権者に開示させた取引履歴、利息制限法に基づく引き直し計算書、債権者に対する過払い金返還請求書の5種類です。請求する債権者の数が多いと時間がかかるので、注意しましょう。

借金を抱えた女性が債務整理した方がいい理由